規模・歴史ともに

保険ってなに?保険とは想定外に発生する事故のせいで発生した主に金銭的な損失を最小限にするために、賛同する多数の者が定められた保険料を出し合い、準備した資金によって不幸な事故が発生した際に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みということ。 【用語】金融機関の格付け(評価)とは→信用格付機関によって金融機関、国債を発行している政府や、社債などの発行会社の持つ、信用力や債務の支払能力などを一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するということ。 我々の言う「失われた10年」が指すのは、ある国全体の、もしくは地域における経済活動が約10年超の長い期間にわたって不況と経済停滞に見舞われた時代のことを指す言い回しである。 覚えておこう、ロイズについて。イギリスにある世界有数の保険市場なのである。イギリスの議会制定法で法人と定義された、ブローカー(保険契約仲介業者)およびシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合そのものを指す場合もある。 一般的にペイオフって何?予期せぬ金融機関の経営の破綻をしたことに伴い、預金保険法で保護できる預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。 英語のバンクは実は机やベンチを意味するイタリア語のbancoに由来している。ヨーロッパ中で最古の銀行。その名は15世紀の初め(日本は室町時代)に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立され、政治的にも大きな影響があったサン・ジョルジョ銀行であるという。 【用語】ロイズとは?⇒シティ(ロンドンの金融街)の世界的に著名な保険市場を指す。法に基づき法人と定義された、ブローカーとそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。 保険のしくみ⇒突然発生する事故により発生した財産上の損失に備えるために、賛同する複数の者が一定の保険料を出し合い、準備した資金によって保険事故が発生した際に保険金を給する仕組みです。 重要。「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」、この3つの機能についてを銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業加えてその銀行の持つ信用力によって機能しているものなのである。 多くのキャンペーンなどでも知られる日本損害保険協会は、主として日本国内の損害保険業界の健全な進展、加えて信頼性を伸ばすことを図り、これによって安心、なおかつ安全な世界を形成することに役立つことを目的としている。 保険制度とは、偶然起きる事故により生じた財産上(主に金銭)の損失に備えて、賛同する複数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、集まった資金によって不幸にも事故が発生した者に保険金を支給する仕組みなのだ。 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行が突如破綻という事態に陥った。この破綻の影響で、初めてのペイオフが発動して、全預金者の約3%、それでも数千人の預金が、上限適用の対象になったと考えられる。 ですから安定的で、なおかつ活気にあふれた金融市場システムを生み出すためには、どうしても民間金融機関や金融グループ及び行政がそれぞれの抱える解決するべき問題に積極的に取り組んで解決しなければいかなければいけません。 保険業法(改正1995年)によって保険を販売する会社は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれた。いずれの形態であっても内閣総理大臣による免許を受けている者でないと経営できないことが定められている。 【解説】ロイズって何?ロンドン中心部のシティ(金融街)にある規模・歴史ともに世界有数の保険市場なのである。法律で法人化されている、ブローカーとそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もある。 ・伊藤幸弘

広告を非表示にする